日本女子大学 現代女性キャリア研究所 RIWAC Research Institute for Women and Careers

注目のお知らせ

News Letter 発行しました

シンポジウム「コロナ禍で女性労働を見つめ直す」/研究会「コロナ禍における女性のキャリアへの影響と課題」/研究会「労働現場でのジェンダー格差は是正されるのか、固定されるのか」/研究会「ドイツ・スイス企業におけるダイバーシティー・マネジメント」/研究会「コロナ禍後に真の働き方改革なるかーキーとなるのは生活時間アプローチー」など

2020年度シンポジウムのお知らせ

来る3月13日、「コロナ禍で女性労働を見つめ直す」と題する、シンポジウムを開催いたします。
多方面のパネリストもお招きし、議論を深めてまいります。
ご多忙の折とは存じますが、どうぞご参加ください。

テーマ: コロナ禍で女性労働を見つめ直す

日時 2021年3月13日(土) 13:00~14:30

視聴方法 ウェビナー

(前日までにご指定のメールアドレスにURLをお送りいたします)

シンポジウムプログラム

13:00-13:05  開会の辞 大沢真知子(現代女性キャリア研究所所長)

13:05-13:10  挨拶     篠原聡子(日本女子大学学長)

第1部 <パネリスト報告>

13:10-13:30  「新型コロナの影響下での在宅勤務の推進と男女の機会不平等」 山口一男(シカゴ大学教授)

13:30-13:50   「新型コロナと女性の雇用危機」 周 燕飛((独)労働政策研究・研修機構 主任研究員)

13:50-14:10  「コロナ禍における女性の影響と課題」 井上久美枝(日本労働組合総連合会 常任中央執行委員)

第2部 <パネルディスカッション>

14:10-14:30  パネルディスカッション・質疑応答

コーディネーター 大沢真知子(現代女性キャリア研究所所長)

お申込の際は、件名を「シンポジウム申込み」とし、
氏名・連絡先・所属(ある場合のみ)をご記入の上、
下記アドレスにメールでお送りください。

riwac()fc.jwu.ac.jp
※ ()を@に変えてお送りください。

詳細はコチラ

★シンポジウム終了後、所長 大沢真知子教授の最終講義を行います。別途件名を「最終講義参加申込み」とし、お申込みください。詳細はトピックスをご覧ください。

延期:【学内向け】2020年度SPSSワークショップ開催につきまして

2021年1月27日、28日、29日、12:30:~16:30まで、学内向けに連続ワークショップを予定しておりましたが緊急事態宣言発令にともない3月に延期と致しました。既にお申込みいただきました皆さまには日程が確定いたしましたら早急にご連絡いたします。

講師:金明中先生(ニッセイ基礎研究所) 対象:JASMINE アカウントをお持ちの方(本学学生・教職員の方) 詳細はコチラ

*当ワークショップは対面形式のため、例年より少人数での開催となります。
*新型コロナウイルス感染対策の影響でやむなく中止になる可能性がございます。
 予めご了承ください。中止の際はご連絡いたします。
*キャンパスへの入構の際は、「新型コロナウイルス感染拡大防止のための日本女子大学・大学院の行動指針 (BCP)」に従い手続きを行ってください。
*受講中は必ずマスクを着用し、こまめな手洗いや咳エチケットにご協力ください。
体調が不良な場合、または37.5度以上の発熱が出た場合当日及び症状消失後3日
 ワークショップへのご参加はご遠慮ください。

2020年 第12号

『現代女性キャリア』第12号全文PDF

『現代女性とキャリア』第12号によせて 大沢 真知子

シンポジウム

「ワークとライフをつなぐ働き方を考える」
Read more

【学内向け】2019年度 SPSSワークショップにつきまして

予定しておりました、2019年度SPSSワークショップはコロナ感染対策の影響で延期することとなりました。お申込み頂いた方々には大変申し訳ございません。
日程が決まり次第、ご連絡させて頂きます。(2020年3月3日)

 

____________________________________________

来る2020年3月9日、10日、12日、13日14:00~16:30まで、学内向けに連続ワークショップを行います。 是非奮ってご参加ください(要申込)。 講師:金明中先生(ニッセイ基礎研究所) 対象:学内の学生もしくは教職員の方 注意:期間中に再試験、ゼミ発表などがある方はお控えください。詳しくはコチラ

 

追記

コロナウイルス感染対策の影響でやむなく中止になる可能性がございます。中止の際はご連絡いたします。ご了承ください。(2020年2月25日)

 

 

 

2019年度シンポジウム

12月14日に「ワークとライフをつなぐ働き方を考える」と題する、シンポジウムを開催いたしました。当日は約100名を超える参加者を迎え、盛大な会となりました。
第一部は基調講演として、元日本女子大学心理学科教授で現在、IPI総合的心理療法研究所 顧問の平木典子先生をお招きし、心理学の視点からご講演いただきました。
第二部では、パネリスト報告として、筑波大学の田中洋子教授から「ワークとライフをつなぐ柔軟な働き方―ドイツ企業で普及するパートタイム・ジョブシェアリング」、PwCコンサルティング合同会社主任研究員の松原光代さんから「日本企業の柔軟な働き方をめぐる人事管理制度の課題―ドイツ企業との比較で考える」、椙山女学園大学の加藤容子教授から「ワークとライフの相乗効果」について、お話頂きました。その後、平木先生も含めた登壇者と本研究所所長大沢真知子をコーディネーターとして、フロアからの質問を交えたパネルディスカッションを行いました。

 

2019年度シンポジウムのお知らせ

来る12月14日、「ワークとライフをつなぐ働き方を考える」と題する、シンポジウムを開催いたします。
基調講演は、元日本女子大学心理学科教授で現在、IPI総合的心理療法研究所 顧問の平木先生をお招きし、心理学の視点からご講演いただきます。さらに多方面のパネリストもお招きし、議論を深めてまいります。
ご多忙の折とは存じますが、どうぞお越しください。

テーマ:ワークとライフをつなぐ働き方を考える

<第1部> 基調講演
「ライフキャリアという考え方ーワークとライフをつなぐために」
:平木典子(IPI総合的心理療法研究所 顧問、元日本女子大学教授)

<第2部>
パネリスト報告
「ワークとライフをつなぐ柔軟な働き方ードイツ企業で普及するパートタイム・ジョブシェアリング」
:田中洋子(筑波大学教授)

「日本企業の柔軟な働き方をめぐる人事管理制度の課題―ドイツ企業との比較で考える」
:松原光代(PwCコンサルティング合同会社 主任研究員)

「ワークとライフの相乗効果」
:加藤容子(椙山女学園大学教授)

 

全体討論
コーディネーター:大沢真知子(現代女性キャリア研究所 所長)

お申込の際は、件名を「シンポジウム申込み」とし、
氏名・連絡先・所属(ある場合のみ)をご記入の上、
下記アドレスにメールでお送りください。

riwac()fc.jwu.ac.jp
※ ()を@に変えてお送りください。

詳細はコチラ

オトナ女子会 2019 報告

2019年7月12日、19時より、東京女子大学エンパワーメント・センター及び日本女子大学現代女性キャリア研究所共催、今年度で5回目となるオトナ女子会を開催致しました。

第一部は、東京女子大学OGでグランクラスサービス、JR東日本普通列車グリーンアテンダントや車内販売アテンダント研修、採用等を担当され、現在執行役員を務められる高橋園子さんをお迎えし、「新しいサービスへの挑戦~グランクラスのおもてなしを通して~」のテーマでのご講演を頂きました。ご自身のキャリア形成が複線的であったことや、グランクラス導入にあたってご苦労されたこと、お仕事のやりがいなどについてもお話頂きました。第二部は立食形式の交流会、皆さまのネットワークを繋げる場として活用して頂きました。

40名近い方にご参加頂き、「卒業生の方々がどのような活躍をされているのか知ることは有意義である」、「様々な分野で活躍している女性の貴重な話を聞くことは大変刺激になり自分自身の成長の糧になる」などの感想をいただきました。

こちらの企画は、両大学卒業生の、世代を越えたネットワーク作りの一助となればという思いでスタートしたものですが、残念ながら今回を持ちましてしばらくお休みすることになりました。

卒業生交流の場は桜楓会の企画も力を入れられております。
今後も何らかの形で皆さまそれぞれの生き方を見つめ直す有意義な時を提供できますと幸いです。

末筆ながら、会の遂行にご協力頂いた関係者の皆さまに深く御礼申し上げます。

ありがとうございました。

NEWS LETTER RIWAC 2021 vol.12

シンポジウム「コロナ禍で女性労働を見つめ直す」/研究会「コロナ禍における女性のキャリアへの影響と課題」/研究会「労働現場での源田―格差は是正されるのか、固定されるのか」/研究会「ドイツ・スイス企業におけるダイバーシティー・マネジメント」/研究会「コロナ禍後に真の働き方改革なるかーキーとなるのは生活時間アプローチー」など

NEWS LETTER RIWAC 2020 vol.11

シンポジウム「ワークとライフをつなぐ働き方を考える」/研究会「ドイツにおける働き方の柔軟化と女性のキャリア形成」/研究会「政府統計の活用方法~e-Statから学ぶ~」など

 

Top of Page