日本女子大学 現代女性キャリア研究所 RIWAC Research Institute for Women and Careers

イベント

報告シンポジウム:家族の変化と新しい時代のケアを考える(共催 公益財団法人 家計経済研究所)

日付:
2016年12月10日(土)
場所:
日本女子大学新泉山館

超高齢社会となった現在、介護を中心とした家族への「ケア」をめぐる課題が大きくなっています。介護保険施行後15年余りが過ぎ、サービスの選択肢が整備されてきました。その一方で、家族のあり方や価値観が多様化し、女性の就業の進展や雇用不安定化などにより、従来のような家族、特に女性を中心としたケア提供を前提とした体制は限界をむかえています。こうした時代や社会の変化に対応した新たなケアのあり方が求められています。

 そこで、在宅を中心とする家族介護者のケアをめぐる現状と課題を、男性介護者(息子介護)や若者(ヤングケアラー)によるケア、さらには介護と育児というダブルケアなど、新たなケアの実態について多角的な視点から捉えること、さらに、家族ケアの実態から、求められる家族支援策、超高齢社会や家族ケアの今後についてともに考えることを目的として、このシンポジウムが開催されました。

 

<第1部> 基調講演

 「介護する人(ケアラー)に社会的支援を」と題して日本女子大学の堀越栄子氏による基調講演をいただきました。一般社団法人「日本ケアラー連盟」および認定NPO法人「埼玉NPOセンター」でもご活躍されているお立場から、介護者の置かれている状況と介護者支援の取り組みが具体的に示されました。また、過去50年ほどの社会の変化をデータで確認しながら、①だれもが介護し、される時代になっていること、②ケアラーの実情がどのようなものか、③ケアラー支援の重要性についてのご説明をいただきました。

続いて、4人のパネリストから様々な角度からケアの実態とそこでの課題や求められる支援のあり方について報告がなされました。第1報告「在宅での家族介護の負担」では、法政大学の菊澤佐江子氏から、家族介護の負担の実態が報告されました。政府の全国調査データと家計経済研究所の調査データをふまえ、新しい家族状況に対応した介護の社会化を推進する必要があることが述べられました。

 第2報告「ヤングケアラーとして見えたこと」では、草加市議会議員の井手大喜氏から、ご自身の16歳からの介護経験について報告がありました。ヤングケアラーが可視化されていない現実や、制度的支援もないまま友人たちのような学校生活や就職活動もできず「(自分だけ)離されていくな」という気持ちになったことなどが語られました。

 第3報告「広がるダブルケアにどう向き合う?」では、NPO法人よこはま地域福祉研究センターの佐塚玲子氏より、子育てと介護の同時進行というご自身の経験や、地域での支援状況を踏まえて、ダブルケアに対応するにはケアサイクルを理解すること、公的サービスと民間サービスの併用活用、孤立化を避けることが重要であることが述べられました。

 第4報告「男性性とケア―男の看方(みかた)とその見方」では東京都健康長寿医療センター研究所の平山亮氏から、息子である男性介護者へのインタビュー調査結果をもとにご報告いただきました。介護者に対する期待や要介護者の自立に対する期待がジェンダーによって異なり、この点を考慮しないとジェンダーの再生産につながるという大変興味深い結果が示されました。

 

<第2部> 全体討論

全体討論は、フロアからの質問に答えるところから始まりました。ケアラーのサポーター養成における研修内容について、ケアラー支援法案について、ケアラーズカフェへの参加者を増やす方法について、介護者を支援するうえで大切な視点についてなどの疑問に対してそれぞれの立場から具体的な回答がなされました。

 最後に、介護者の支援に欠かせないのは、要介護者に対する質の高いケアが提供されることが基本であり、ケアラー自身が問題状況を発信することやケアをするための経済的基盤に関する議論が不可欠である点が確認され、多面的にケアを考える有意義な機会となりました。

2016年度シンポジウムのお知らせ

日付:
2016年12月10日(土)
時間:
13:00~16:30(開場:12:30~)
場所:
日本女子大学目白キャンパス 新泉山館大会議室
参加費:
無料
主催:
公益財団法人家計経済研究所、日本女子大学現代女性キャリア研究所共催

超高齢化社会のなか、介護を中心とした家族への「ケア」をめぐる課題が大きくなっています。介護保険施行後15年余りが過ぎ、サービスの選択肢ができてきた一方で、家族のあり方や価値観が多様化し、女性の就業の進展や雇用不安定化などにより、従来のような家族、特に女性を中心としたケア提供を前提とした体制は限界をむかえ、時代や社会の変化に対応した新たなケアのあり方が求められています。

本講演会では、在宅を中心とする家族介護者のケアをめぐる現状と課題を整理し、男性介護者(息子介護)や若者(ヤングケアラー)によるケア、さらには介護と育児というダブルケアなど、新たなケアの実態について多角的な視点から捉えていきます。家族ケアの実態から、求められる家族支援策、超高齢化社会や家族ケアの今後について議論していきたいと思います。

プログラム:

<第1部>

基調講演

「介護する人(ケアラー)に社会的支援を」 堀越栄子(日本女子大学家政学部教授)

パネリスト講演

「在宅での家族介護の負担」:菊澤佐江子(法政大学社会学部准教授)

「ヤングケアラーとして見えたこと」:井手大喜(草加市議会議員、ケアラー)

「広がるダブルケアにどう向き合う?」:佐塚玲子(特定非営利活動法人よこはま地域福祉研究センター センター長)

「男性性とケア―おとこの看方(みかた)とその見方」:平山亮(東京都健康長寿医療センター研究所研究員)

<第2部>

全体討論

コーディネーター:大沢真知子(日本女子大学現代女性キャリア研究所所長)

講師プロフィールなど詳細はこちらをご覧ください→チラシ

要申込、お申し込み先:(外部サイト、こくちーず内http://kokucheese.com/event/index/433425/

なお、こくちーずがご利用になれない方は、当研究所にお電話もしくはメールにて、ご氏名・ご連絡先をお伝えの上、お申込みください。

報告「女性のキャリア形成に大学は何ができるのか?」RIWAC主催 2015年度シンポジウム

日付:
2015年12月12日(土)
時間:
13:00~17:00
場所:
日本女子大学新泉山館

1部では、RIWACがこの5年間取り組んできた「女性のキャリア支援と大学の役割についての総合的研究」(文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業 20112015年)の成果報告をおこないました。この研究事業の柱となっている二つのテーマについて、それぞれ研究の流れと成果が示されました。

テーマ1「女性とキャリアに関わる戦後社会調査の再分析と女性調査アーカイブの公開運用」では、当研究所の女性調査アーカイブの運用報告および、所蔵する約1500件のデータから教育分野と家族分野を中心に分析した結果が報告され、社会調査が社会の情勢や関心を反映していることが示されました。

テーマ2「大学における女性の再就職支援プログラムの開発研究」では、プログラム開発のために実施した「女性とキャリアに関する調査」結果、および女性の再就職支援プログラム開発・実施結果が報告されました。調査によって、高学歴女性の就業実態が詳細に把握され、これによって、これまでの女性就業支援が一面的であった可能性が明らかになったこと、合同会社西友の協力を得て新たに開発した女性の再就職支援プログラムでは、再就職に際して大学に期待される役割が明確化されたことが示されました。

この後に、大沢所長より総括として、従来考えられてきた女性のキャリア形成支援の幅を広げる必要があること、大卒女性が活躍できるための公的支援は乏しいため大学が教育面で関わる必要があること、今後は企業側の採用ニーズと女性側の就業ニーズをマッチさせるシステムの構築が望まれることが示され、何度でも再チャレンジできるセカンドチャンス社会を作り上げていくことが、社会全体を活性化するカギであることが述べられました。外部評価委員の大野曜先生、大槻奈巳先生より、本事業の運営および成果についてご講評をいただきました。

 第2部では、ハーバード大学社会学部長兼ライシャワー日本研究所教授メアリー・ブリントン先生をお招きし、「セカンドチャンス社会構築に向けて」と題してご講演をいただきました。日本の企業では同じ会社に長く勤めることが一般的ですが、アメリカに比べて企業間移動すなわち転職が極めて少なく、それが労働者の会社に対する交渉力を限定していることが指摘されました。もし、他社に移動できる可能性が高ければ、労働者は自分の仕事の条件や内容について会社の都合を優先させる必要がなくなってきます。したがって、終身雇用的な価値から転職の価値への転換が必要です。そのためには、労働者個人は、ポータブルな能力を身に付けることが重要になってきます。そのための教育が重要になってくることが指摘されました。

 大変刺激的なお話しをうかがい、それでは日本の大学は具体的にどのような教育を提供できるのかなどフロアを巻き込んだ質問や意見が活発に交わされ、実り多いシンポジウムとなりました。

 このシンポジウムの記録は、2016年度の当研究所の紀要『現代女性とキャリア』第8号に掲載する予定です。

「女性のキャリア形成に大学は何ができるのか?」RIWAC主催 2015年度シンポジウム

日付:
2015年12月12日(土)
時間:
13時~17時
場所:
日本女子大学新泉山館1階大会議室(目白キャンパス)
参加費:
無料

来る2015年12月12日(土)13時から「女性のキャリア形成に大学は何ができるのか?」と題し、シンポジウムを開催いたします。

第1部「女性のキャリア支援と大学の役割についての総合的研究」最終報告
第2部「セカンドチャンス社会構築に向けて」
講師:Mary C.Brinton
(ハーバード大学社会学部長兼ライシャワー日本研究所教授)
対象:一般の方、本学学生・教職員
要申込
<申し込み方法>
メールにてお申し込みください。(riwac@fc.jwu.ac.jp)
※件名「シンポジウム申し込み」氏名・連絡先を明記

プログラムなど詳細はこちらをご覧ください→チラシ

講演会「女性と仕事:西友/ウォルマートを事例として」(学内向け)

日付:
2015年7月3日(金)
時間:
15:00‐17:00
場所:
日本女子大学新泉山館大会議室
参加費:
無料

来る7月3日(金)15時~17時に、講演会「女性と仕事:西友/ウォルマートを事例として」を開催いたします(リカレント課程生及び本学学生・大学院生が対象)。

西友で活躍されている三人の女性(執行役員と管理職の方)を講師にお招きし、これまでのキャリアの軌跡、
女性が活き活きと働くことのできる職場づくりの取り組みについて具体的にお話頂きます。

プログラム
「女性と仕事」 平林浩美氏(西友執行役員シニアバイスプレジデント、情報システム本部・GBP・PMO担当)
「キャリア機会としての西友/ウォルマートの魅力」大坪眞子氏(西友執行役員シニアバイスプレジデント、人財部担当)
「私たちの求める人財とは」内山明香氏(西友人財部採用担当マネージャー)

※この講演会は、キャリア教育の一環として開催するものであり、参加の有無が採用プロセスに影響しないことを申し添えます。なお、授業のある方は、そちらを優先するものとします。

要申込、先着順

申込先 現代女性キャリア研究所 riwac()fc.jwu.ac.jp ()内に@を入れてください。
氏名、学部、学年(学生の場合)、回生(リカレント修了生の場合)を明記してください。

チラシはコチラ
講演会「女性と仕事:西友/ウォルマートを事例として」

[共催]現代社会学科シンポジウム・交流会

来る2015年3月7日(土)に本学現代社会学科との共催でシンポジウム・交流会を開催いたします。
詳細はチラシをご覧ください。

報告「男性がケアを抱えるとき~女性労働をささえるもうひとつの観点~」RIWAC主催 2014年度シンポジウム

日付:
2014年12月13日(土)
時間:
13:00~17:00

12月13日(土)に公開シンポジウムを開催いたしました。

女性が社会で活躍するためには、育児・介護などのケアを男性と共担していくことが求められていますが、現実はなかなか変わっていきません。今回の企画は、男性がケアを抱えたときに何が起こるのかを明らかにすることで、その打開策を探ろうとするものです。

 基調講演に立命館大学大学院の天田城介先生、パネリストにニッセイ基礎研究所の土提内昭雄先生、東京都健康長寿医療センター研究所・日本学術振興会の平山亮先生、本学永井暁子先生をお迎えし、子育てや介護の経験に基づいた報告とディスカッションとなりました。

これまでのシンポジウムでは、労働市場を分析の中心においてきましたが、それを支えている背後の夫婦の生活や地域コミュニティーとのかかわり方に、女性の社会進出のヒントがかくされていることに気づかされました。

IMG_0782

「男性がケアを抱えるとき~女性労働をささえるもうひとつの観点~」RIWAC主催 2014年度シンポジウム

日付:
2014年12月13日(土)
時間:
13:00~17:00
場所:
日本女子大学 新泉山館 1階大会議室(目白キャンパス)
講師:
基調講演 天田城介(立命館大学大学院教授)、パネリスト 土堤内昭雄(ニッセイ基礎研究所主任研究員)、平山亮(東京都健康長寿医療センター 日本学術振興会特別研究員)、永井暁子(日本女子大学准教授)
参加費:
無料
主催:
当研究所

来る2014年12月13日(土)13時~、「男性がケアを抱えるとき~女性労働をささえるもうひとつの観点~」と題し、シンポジウムを開催いたします。一般の方もご来場できます。
どうぞご参加ください(申込不要ですので、当日会場までお越しください)。

プログラムなど詳細はこちらをご覧ください→チラシ

報告「女性の活躍推進と司法の課題~中国電力男女賃金差別事件・控訴審判決から見えてくるもの~」

日付:
2014年6月20日(金)

さる2014年6月20日、日本女子大学新泉山館において、「女性の活躍推進と司法の課題~中国電力男女賃金差別事件・控訴審判決から見えてくるもの~」というシンポジウムを開催いたしました。中国電力における男女賃金差別裁判は、現在、最高裁に上告されており、その判断が待たれているところです。

当日は、担当弁護士である宮地光子先生をお迎えし、日本における男女賃金差別裁判の歴史的経過や、中国電力事件がもっている意味、さらに最高裁判決に向けての取り組みなど、詳しいご報告をいただきました。また、広島から原告の長迫忍さん、支援者の森田豪さんがご参加くださいました。長迫さんが、この裁判を闘ってこられた長年の思いと最高裁判決に向けての決意を語られると、フロアからは大きな拍手がおこりました。さらに、ともに闘ってこられた支援者の森田豪さんからは力強いメッセージが発せられ、改めて、この裁判の重要性をフロア全体で共有することとなりました。フロアには、最高裁上告に際し、「最高裁への意見書」を執筆されたシカゴ大学の山口一男先生も駆けつけてくださいました。

司法や企業におけるジェンダー・バイアスを取り除き、男女格差を是正していくために、いま何が必要なのか、何をしなければならないのか、それを問いかけるシンポジウムとなったと思います。

当日ご参加いただいたみなさまに、この場を借りてお礼を申し上げます。

講演会のお知らせ:「女性と仕事:西友/ウォルマートを事例として」(6月13日)

日付:
2015年7月3日(金)
時間:
15:00‐17:00
場所:
日本女子大学新泉山館大会議室
講師:
リカレント教育課程生・本学学生
参加費:
無料

来る6月13日(金)9時~10時半、当研究所はリカレント教育課程と共催で講演会を行います。

講演内容:「女性と仕事:西友/ウォルマートを事例として」
「女性と仕事」平林浩美氏(執行役員シニアバイスプレジデント)

要申込・先着順

申込み:現代女性キャリア研究所 riwc@fc.jwu.ac.jp
右記を明記・・・氏名、学部・学年(学生の場合)、回生(リカレント課程修了生の場合)

1 / 3123

Top of Page