日本女子大学 現代女性キャリア研究所 RIWAC Research Institute for Women and Careers

現代女性キャリア研究所について

研究所のねらい

岩田先生

本研究所は、日本女子大学がその創設時より掲げてきた女性教育の伝統と理念を変貌する現代に生かすために、現代の女性とキャリアを取り巻く諸問題を調査研究し、その成果を、本学の教育のみならず、広く社会へ発信して、女性がそのもてる能力を全面的に発揮できる社会の実現に貢献しようとするものである。

キャリアという言葉は、狭く職業経歴を意味して使われることが多いが、本研究所では、これを広く「生き方」として捉えたい。女性の「生き方」は、個々人の主体的な選択のプロセスであるとともに、これを制約しているさまざまな社会条件の中にある。すでに現代社会は、多様な役割を女性に期待しており、女性自身の高学歴化や多様な社会活動への参加が拡大している。だが他方で、過酷な職場からの中途離脱や、その後の再就職の困難に直面する現実は決して減少していない。結婚もまた大きな変動期にあり、子育てや介護の責任だけでなく、離婚の経験や単身で暮らす女性の抱える困難もある。

本研究所は、こうした現代女性の「生き方」の選択と制約の諸問題に、さまざまな角度からアプローチする調査研究の開発、学内外の研究プロジェクトの研究交流、若手研究者の育成、その成果を共同して社会へ発信する機会を提供することをねらいとしている。また、女性とキャリアに関する情報を収集し、他の研究機関との交流を深めるとともに、研究成果や情報を本学の女性教育の基礎資料として整備していく役割も果たしたいと考えている。

現代女性キャリア研究所・初代所長  岩田正美(2008年4月~2013年3月)

ページのTOPへ